子育て情報『子どもに「作文レシピ」を与えよう――“花マル”な作文が書ける「誘導文付きテンプレート」』

2018年11月14日 10:09

子どもに「作文レシピ」を与えよう――“花マル”な作文が書ける「誘導文付きテンプレート」

以下のまとめなどは、ちょっぴり感動的な締めくくりではないでしょうか。読後感がさわやかです。

まとめ:わたしは、これからもたくさん走って、もっとはやく走れるようになりたいです。
作文のテーマも、そのつど自由に変えていきましょう。先ほどは「わたしの好きなもの」でしたが、「わたしの夢」などもおすすめです。

テーマ「わたしの夢」

結論:わたしの夢はことです。

理由:その理由は(だ)からです。

まとめ:夢がかなったら(し)たいと思います。

おそらく子どもたちもワクワクしながら書くことでしょう。

テーマ「わたしの夢」

結論:わたしの夢はひこうきのパイロットになることです。

理由:その理由は自分でそうじゅうして、空をとぶことが楽しそうだからです。

まとめ:夢がかなったらたくさんの人をのせて、せかいじゅうを飛びまわりたいと思います。

もしも書けなかったとしても、それはそれです。その子はその子なりに、「わたしの好きなもの」や「わたしの夢」と向き合ったはずです。その答えを出せるのはもう少し先かもしれません。どうしても書けないときは、「どういうテーマだったら書きたい?」と本人に聞いてみてもいいでしょう。

子どもに「作文レシピ」を与えよう――“花マル”な作文が書ける「誘導文付きテンプレート」


子どもと一緒に親も作文にチャレンジ!

テンプレートのいいところは、子どもたちがゼロから文章を生み出すのではなく、穴埋めゲーム的に取り組める点にあります。おそらくこの記事を読んだ親御さんのなかにも「このテンプレートは大人でも使えそう」と思った人もいることでしょう。つまり、年齢を問わず、わたしたちは「作文レシピ」を欲しているのです。

もちろん、今回紹介したもの以外にも、たくさんのテンプレートがあります。子どもと一緒にテンプレートを考えてみるのもいい方法です。「テンプレート=文章構成」です。それを考えること自体が論理的思考の養成につながります。

そうそう、テンプレートを使って作文を書かせるときは、ぜひ親御さんも一緒に書いてみてくださいね。子どもはいつでも親の背中を見ています。「ママ(パパ)も書いている」と思った瞬間から、急に“書きたいモチベーション”がアップする子もいます。書き上げた作文をお互いに発表し合って、それぞれの内容について語り合うのもおすすめです。作文を通じて親子の絆が一段と深まるはずです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.