子育て情報『“49” の失敗体験が子どもの挑戦力につながる! 過干渉にならない会話のコツ』

2019年1月31日 11:57

“49” の失敗体験が子どもの挑戦力につながる! 過干渉にならない会話のコツ

それは子どもの自主性を育むことにも直結します。

1.子どもが何を言っても受け止める
「何を言っても否定しない」と子どもに伝われば、安心して話すことができます。

2.子どもと対等な関係になる
子どもと同じ目線に立ち、ときには子どもを頼って相談してみてもいいでしょう。

3.子どもの意見を聞く
「どこに行きたい?」「何をしたい?」と聞いて子どもの意見を尊重しましょう。「立場の強い人の意見が通る」という認識が変わります。

4.「親と話すと楽しい」と思わせる
一見くだらない子どもの発言に対して、否定したり呆れたりせずに前向きな質問を返すようにします。するといざというときに「親に話したい」と思ってくれるでしょう。

5.親も理由を考えて口にする
子どもにばかり考えさせずに、親も一緒に「考える仲間」になりましょう。親「どうして○○なのかな?」、子「△△だからじゃない?」という会話ができるのが理想です。

6.「あなたの味方」と安心させる
たとえば意見がぶつかり合ったとしても、「何があってもあなたの味方」という絶対的な信頼があれば安心して話せます。「議論はするけど敵じゃない」と伝えましょう。

***
先回りや干渉は子どもへの愛情があってこそ。しかし、いずれ子どもは成長し、親の元から巣立っていきます。そのとき子ども自身が困らないように、小さいうちから自主性や自立心を育むことが大切です。そのためにも、親自身が「見守る」忍耐力を身につける必要がありますね。

(参考)
Study Hacker こどもまなび☆ラボ|自分でできるという自信が学習意欲につながる。「モンテッソーリ教育」成長のためのヒント【愛珠幼稚園園長天野珠子先生】
『これからの未来を生き抜くできる子の育て方』(2018年),洋泉社MOOK.
東洋経済ONLINE|「子どもを潰してしまう親」には共通点がある
Study Hacker こどもまなび☆ラボ|子どもの自主性を尊重し、集中力と柔軟な対応力を育む「モンテッソーリ教育」【愛珠幼稚園園長天野珠子先生】
東洋経済ONLINE|家でもできる「モンテッソーリ教育」のコツ

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.