子育て情報『“あきらめ癖”のある子は自己肯定感が低い!? やり抜く力を育てる3つの家庭習慣』

2019年4月20日 07:44

“あきらめ癖”のある子は自己肯定感が低い!? やり抜く力を育てる3つの家庭習慣

目次

・「すぐにあきらめる子」は将来どうなる?
・「あきらめ癖」がついてしまったのはなぜ?
・あきらめが早い=切り替えが早い!?枠にとらわれない思考法「リフレーミング」とは
・あきらめ癖がある子どもが粘り強くなる3つのコツ
“あきらめ癖”のある子は自己肯定感が低い!?やり抜く力を育てる3つの家庭習慣

成長するにつれて、子どもの個性は色濃く出てきます。長所も短所もその子の個性であり、良いところはどんどん伸ばしてあげたいですよね。一方で、短所になり得る点を早いうちから直してあげるのも、親としての大事な役目です。

親の声かけや対応、周囲の環境などは、子どもの成長に大きな影響を及ぼします。今回は、物事が続かない・すぐにあきらめてしまうお子さんを変えるヒントをお伝えしましょう。

「すぐにあきらめる子」は将来どうなる?

「もういいや」「つまらない」「飽きちゃった」「どうせ僕(私)にはできないよ」ーーこれらの言葉がよくお子さんの口から出てくるとお悩みではありませんか?

もしくは、お子さんの普段の様子を観察してみると、次のような傾向があるのではないでしょうか。
・遊びや勉強など、最初のうちはやる気満々で夢中になって取り組むが、すぐに飽きる。集中力が持続しない。
・あれもこれもと興味の対象が多いわりに、どれにも執着しない。
・困ったことに直面しても、すぐに「まあいいか」と言って真剣に向き合おうとしない。

たとえまだ小さな子どもでも、少し気になるこれらの言動。しかしこのまま放っておくと、高学年以降の成長過程においてさまざまな悩みの種になりかねません。

勉強やスポーツでも、続けることでしか手に入らない結果があります。ちょっと壁にぶつかったくらいですぐにあきらめてしまうようでは、本人が望む成果は得られないでしょう。するとそのうち「自分は何をしてもダメなんだ」「結果が出ないのは自分の能力が低いせいだ」と、自己肯定感が低下していくのです。

大人になって就職しても、変化のないルーティンワークからは刺激を感じられず、与えられた業務をおろそかにするようになります。その結果、周囲からの評価を得られないどころか、自分の実力に向き合うことをせずにすぐに環境を変えたがり、転職を繰り返す可能性もあるでしょう。

「飽きっぽい」「あきらめが早い」ということは、大きな成功から遠ざかるひとつの要因にもなりうるのです。

“あきらめ癖”のある子は自己肯定感が低い!? やり抜く力を育てる3つの家庭習慣


「あきらめ癖」がついてしまったのはなぜ?

そもそも、なぜ「あきらめ癖」がついてしまうのでしょう。脳の仕組みを見てみると、熱しやすく冷めやすいタイプは、行動を促進するドーパミン神経系の活性化を求める傾向があると言われています。新しいものや刺激のあるものを求めることは、脳にとって決して悪いことではないのです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.