子育て情報『子どもの運動能力が上がる! ゴールデンエイジとプレゴールデンエイジの過ごし方』

2021年5月13日 09:19

子どもの運動能力が上がる! ゴールデンエイジとプレゴールデンエイジの過ごし方

目次

・プレゴールデンエイジ・ゴールデンエイジの年齢は?
・【プレゴールデンエイジ期】5~9歳
・【プレゴールデンエイジ期】おすすめの運動遊び
・【ゴールデンエイジ期】9~12歳
・【ゴールデンエイジ期】おすすめの運動遊び
子どもの運動能力が上がる!ゴールデンエイジとプレゴールデンエイジの過ごし方

「ゴールデンエイジ」という言葉をご存じでしょうか。ゴールデンエイジとは、一生に一度だけ訪れる「運動神経が伸びる黄金期」。このゴールデンエイジ期をどう過ごすかで、その後の運動能力に違いが出てくるそうです。

そして、ゴールデンエイジ期に運動神経を伸ばすためには、その前の「プレゴールデンエイジ」の時期に多種多様な動きを経験しておくことが重要となってきます。お子さまの運動神経をよくしたいと考えているのであれば、プレゴールデンエイジとゴールデンエイジの最適な過ごし方について知っておいたほうがいいかもしれません。

プレゴールデンエイジ・ゴールデンエイジの年齢は?

プレゴールデンエイジ、ゴールデンエイジの年齢については、専門家によって1~2歳の幅があり、順天堂大学スポーツ健康科学部長の吉村雅文氏は、以下のように定義しています。

プレゴールデンエイジ・・・5~9歳
ゴールデンエイジ・・・9~12歳

「うちの子はもう9歳を過ぎてしまったからプレゴールデンエイジが終わってしまった……」と考えてしまうのはもったいないことです。5~12歳頃の子どもの発達は、子どもによってかなりの差があります。ですから、上述した年齢はあくまでも「~歳頃」という目安です。

とはいえ、5~12歳頃に子どもたちの運動能力が急激に伸びることには違いありません。早稲田大学スポーツ科学学術院教授の広瀬統一氏も、「子どもが低年齢のうちに多様なスポーツや遊びの経験をすることは、その後の運動能力向上や競技パフォーマンス向上にも有用である」と言っているように、プレゴールデンエイジ・ゴールデンエイジの過ごし方次第で、将来の子どもの運動能力に違いが出てくるのです。

プレゴールデンエイジ・ゴールデンエイジについて、次項より詳しく見ていきましょう。

ゴールデンエイジの過ごし方1


【プレゴールデンエイジ期】5~9歳

プレゴールデンエイジとは、ゴールデンエイジ前の5~9歳頃のことで、神経系(神経回路)の発達が著しい時期です。この神経系の発達について、『子どもの身体能力が育つ魔法のレッスン帖』の著者・髙橋宏文氏(東京学芸大学教育学部准教授)は以下のように説明しています。

脳と体、あるいは体の部位と部位の「神経回路」がしっかり連係しているほど、電気信号は速く、正しく伝わります。これによって体がスムーズに、そして自分の思い通りに動かせるようになるのです。

(引用元:高橋宏文(2018)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.