子育て情報『6人に1人は「30代で1000万円」を達成! その貯蓄方法は…』

6人に1人は「30代で1000万円」を達成! その貯蓄方法は…

2018年2月15日 05:58
 

関連リンク

・育児との両立も不安…育休からの職場復帰で心がけたいこと
・ひとり親・母子家庭の助成金って?保育料は無料になる?
・『この距離ちょっと歩けない』をどう乗り切る?小さな子連れのオススメ移動法
6人に1人は「30代で1000万円」を達成! その貯蓄方法は…

子どもの進学や老後の生活のため、貯蓄は多いに越したことはありません。30代の目標金額は「最低1000万円」と言われていますが、日々の生活に追われて、なかなかお金が貯まらないという人も少なくないはず。実際、30代で1000万円を貯蓄できた人は、どのくらいいるのでしょうか。子どものいる女性129人に独自調査しました。

●6人に1人が、30代までに1000万円貯蓄を達成!

今回の調査では、30代までに1000万円貯蓄を達成できたのは129人中「21人(16.2%)」。おおよそ6人に1人は、貯蓄を着々と積み立てているという結果になりました。貯蓄を始めたきっかけについて聞いてみると…。

Q.貯蓄を始めたきっかけは?(複数回答。上位5つ)

1)住宅を購入したかったから52.4%
2)老後が不安だったから38.1%
3)病気や事故などもしもの時に備えたかったから33.3%
4)養育費が不足しそうだったから28.6%
5)特に貯蓄するつもりではなかった19.0%

約半数は、「住宅購入をしたかったから」と回答。頭金としてまとまったお金を用意するなど、具体的な目的があると貯蓄のモチベーションも高まるのかもしれません。

さらに、貯蓄が成功した理由(複数回答)を聞いてみると、過半数の女性が「定期貯金など、強制的に貯蓄する仕組みにした(60.0%)」と答えました。貯蓄の基本は、毎月のお給料から貯蓄額を差し引く「先取り貯蓄」だといいますが、1000万円貯蓄に成功した人たちも、あらかじめ貯蓄のための仕組みづくりをしているようです。

次点は「家計簿をつけた(32.0%)」。一方で、「食費を削った」「水道・光熱・通信費などを削った」という理由はいずれも4.0%でした。“節約”も大切ですが、まずは使ったお金を“把握”することが重要といえそうです。

●1000万円を貯蓄しても「まだまだ足りない」と感じるママは6割

ところで、1000万円貯金を達成すると、心の余裕も出てきそうですが、実際のところはどうなのでしょうか?

Q.1000万円貯金を達成した心境は?(複数回答。上位4つ)

1)貯蓄額はまだまだ足りないので不満足66.7%
2)気持ちにゆとりが出てきた23.8%
3)貯蓄を試算運用に回したい19.0%
4)貯蓄額は充分足りているので満足4.8%

なんと「貯蓄額はまだまだ足りないので不満足」と回答した人がダントツの結果となりました。老後の生活費として1人あたり最低3000万円が必要ともいわれているだけに、1000万円程度ではまだまだ不安に感じられるのかもしれません。ただ、裏を返せばそれだけお金にシビアだからこそ、貯められるともいえそうです。

最後に、1000万円ためるにはどうすればいいのか?貯蓄が苦手な人へアドバイスを求めたところ……

Q.「貯蓄ができない」と嘆いている人に向けてのアドバイス(複数回答。上位4つ)

1)いくらの貯蓄が必要かきちんと計算するべき60.0%
2)収入を上げるべき44.0%
3)目標に向けて綿密な家族計画を立てるべき40.0%
4)家計の項目を厳密に設定するべき20.0%

上記のような結果に。お金を貯めるためには、「先取り投資」しかり、いくらの貯蓄が必要となるか、あらかじめライフプランを立てて目標を定めることが大切なよう。「貯蓄ができない」と悩んだ時は、無理な節約をする前に、まずは自分と家族の今後について考える時間を持ってみてはいかがでしょうか。
(文=周東淑子/やじろべえ)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.