子育て情報『妊活中の友達より先に妊娠… 伝え方ってどうすれば?』

妊活中の友達より先に妊娠… 伝え方ってどうすれば?

2018年6月1日 17:18
 

妊活中の友達より先に妊娠…伝え方ってどうすれば?

こんにちは。メンタルケア心理士の桜井涼です。

妊活をして、めでたく妊娠ということになれば、うれしさもひとしおですね。

しかし、同じように妊活中の仲間がいる場合、うれしい反面「伝えた方がいいのか」 、「言わない方がいいのか」 と悩んでしまうことも少なくありません。

そのような状況になった際、どのようにすればよいのか、波風を立てずにするための伝え方を経験者の1人としてお話ししたいと思います。

妊活仲間で最初に妊娠をしたとき

著者も最初の子の時、妊活をしていました。その頃、同じ時期に妊活をしていたのは著者を含め、3人でした。食生活や体調の整え方などさまざまなことを語り合っていたのです。「同じ時期に妊娠したら、同級生になれるね。」 などと話し合っていました。

ところがその翌月、著者の妊娠が発覚しました。主人と大喜びをしたのはつかの間、すぐに不安がわき起こりました。「2人に何て言おう…」です。

著者は妊活仲間に入って日が浅かったこと、仲間の1人は不妊治療がうまくいかなかったと悲しんでいた矢先のことでしたので、かなり気まずさがありました。

つわりがひどかったため、休むことが続き、もう隠しておけないと思いました。

なので、出社した際に、先に妊活仲間に「ごめん、妊娠した。」 とはっきり自分の口から告げました。妊活仲間だった2人は、少しの沈黙の後に「おめでとう、謝らないでよ。」と笑顔で言ってくれましたが、やはり気まずさを感じていたようです。

その後、妊娠のことは極力話さないでいました。聞かれたときにだけ手短に答える程度にしておきました。

なぜなら、彼女たちは妊娠できない自分を責めたり不甲斐なく思ったりしているかもしれないと感じていたからです。職場では妊娠していることをそれほど態度に出さないようにしました。

大事なことは…

妊娠の報告を伝える時に重視したい点は、相手の気持ちを思いやること です。理由は、相手に劣等感を抱かせないためと、怒りや憎しみといった感情を持たせないためです。

自分が望む物を手に出来ないのに、他の人が手に出来ているという状況を目の当たりにすると、劣等感を抱いてしまうことがあります。

その際に、「どうして自分には…」 という感情がわき起こり、怒りや悲しみといった感情を持ちます。これはどのような場合にも感じるものです。

妊娠という授かり物に関しては、自分を責めてしまうことに繋がります。

「自分は妊娠できないかもしれない」という恐怖、周りからの視線や言動など多くを感じるためにです。だから、伝えるときは相手の気持ちを思いやることを優先させましょう。

そして、おめでた報告は、できるだけ自分の口からすることをおすすめ します。人づてに聞くことほどつらく不安に感じることはないからです。「隠された」 と憤慨する場合もあるでしょう。

手放しに大喜びしたい気持ちを抑えて、「妊娠した」という事実を伝えることがポイントです。

おめでた報告の伝え方

おめでた報告で注意したいのが伝え方です。

相手は、自分が妊娠できない不甲斐なさと、悲しみや不安が入り混じっている状態です。ですから、「妊娠した」という事実のみ を伝えて、余計なことはなるべく言わないようにした方がよいでしょう。

NGワードを紹介します。

・「つわりがひどくて大変」
・「大丈夫だよ、みんなもすぐできるって」
・「私はこういう風にしてみたよ。試してみて」
・「いざ妊娠すると思うように動けないよ」

これらの言葉は、どれも自慢している ようにしか聞こえないと思った方がいいでしょう。

妊娠した事実のみを話したら、後は相手が聞いてきたことにだけ答えるようにした方がいいです。相手からの質問であれば、「妊娠をひけらかしている」とはとられず、波風が立ちにくくなるからです。

----------

以上いかがだったでしょうか?

妊娠はおめでたいことですが、妊娠を望んでいるのにできないと感じている人にとっては、本当につらいことです。家に帰って泣いている人 も実際にいます。(妊活仲間だった1人が最近になってそう話してくれました。)

だから、相手の気持ちを思いやり、聞かれたことにだけ答えるようにすることで乗り越えられると思います。

妊娠中は、不安な気持ちが強いと体調を崩しやすくなります。だから余計に思いやりと余計なことを言わないことが自分自身をも助けることになると考えてください。

【参考書籍】
人間関係の心理と臨床
監修:高橋正臣

●ライター/桜井涼
●モデル/杉村智子

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.