子育て情報『本格的な流行前に徹底! インフルエンザ予防のために守るべきこと6つ』

2016年11月10日 19:00

本格的な流行前に徹底! インフルエンザ予防のために守るべきこと6つ

本格的な流行前に徹底! インフルエンザ予防のために守るべきこと6つ

こんにちは。子育て研究所代表の佐藤理香です。

筆者が住む東京の地元で、「インフルエンザが発生しているわよ」というママ友情報を得ました。

「まさか、こんな時期に?」と半信半疑で『国立感染症研究所』のデータを見ると…… 2016年10月17日~10月23日のデータで、保育所・幼稚園・小中高において、休園休校、学校閉鎖、学級閉鎖にいたっている施設数は東京で11施設。沖縄では16施設にも及ぶことが分かりました。

本格的なインフルエンザの流行を迎える前に、いま一度、予防方法を確認しておきましょう。

●(1)ワクチンを接種しよう!

「予防注射しても結局インフルエンザになるじゃないの!」これは多くのママが言うことです。

確かに、年によって流行するインフルエンザの種類があるので、完全には防げないことがあります。

ただし、国の報告では、予防注射でワクチンを接種しておくと、感染後に発病する可能性を低くする 効果があります。

インフルエンザにかかった場合にも、重症化の防止に有効 なので、ワクチン接種人数が増えているようです。

●(2)咳エチケットでマスクを!

インフルエンザに感染する原因は、せきやくしゃみのときに口から出る水滴(ひまつ)によるひまつ感染が主です。ひまつを受けないようにすれば感染確率は下がります。

しかしながら、家族との会話やスキンシップ、園や学校での友達との交流など、人と接する機会は必ず発生しますので、完ぺきに防ぐのは難しいです。

そこで有効なのが“マスク”。自分が感染しないように着用するマスクですが、より効果があるのは感染者がマスクをすること です。

特に不織布のマスクは効果が高いそうです。いずれにしても、以下の3点は子どもも大人も心がけましょう。

・普段から人に向けて咳やくしゃみをしない
・咳やくしゃみがでるときはマスクをつける
・とっさに咳やくしゃみが出るときは、手やハンカチで受け止め、手をすぐに洗う

●(3)手洗いの徹底

インフルエンザをはじめとする接触感染では、予防対策の基本は“手洗い”です。それも、石鹸を使って流水で手を洗うのが有効だとされています。

インフルエンザの場合はアルコール消毒も効果的なので、手荒れがなければ使ってみてもいいですね。●(4)湿度50~60%をキープ!

空気が乾燥すると、気道などの粘膜の防御機能が低くなり、インフルエンザにかかりやすくなります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.