子育て情報『年末年始は特に注意! 乳幼児の家庭内事故を防ぐポイント7つ』

2016年12月30日 21:00

年末年始は特に注意! 乳幼児の家庭内事故を防ぐポイント7つ

年末年始は特に注意! 乳幼児の家庭内事故を防ぐポイント7つ

こんにちは。子育て研究所の佐藤理香です。

新しい年を迎える時期になりました。園や学校が休みに入るため、家庭内で過ごす子どもが多くなります。

また、年末年始は何かと人に会うことが多くなる時期で、気忙しくなります。

こんな時期に注意したいのが子どもの事故。ちょっと目を離したすきに……が大きな事故につながりかねません。

今回は東京消防庁と東京都がまとめたデータ等を参考に、家庭内で起きやすい事故 について確認していきましょう。

●乳幼児の事故が多い場所は?

東京消防庁の調べによると、平成18年から22年までの5年で約44,225人の乳幼児が救急搬送されました。特に1歳、2歳の子どもの事故が目立ちました。

驚くべきは、事故のうち7割は、住宅の中で起こっている ことです。

特に、お風呂で溺れる、階段やベランダから転落するというケースは命を落とす大事故につながる可能性があります。

●年末年始に気をつけたいこと(乳児~3歳まで)

3歳までの乳幼児は、言葉が未熟である、物事を理解することがまだ難しい、実際に行動できる能力が乏しいなど、多くの理由で事故が起こりやすい年齢です。

年末年始は、周囲の慌ただしさもあって、つい油断しがちになります。特に以下のことには気をつけましょう。

●(1)つまずきやすい物や段差

乳幼児はちょっとした物や段差でつまずきます。

この時期は親戚の家や実家など、いつも過ごす家庭とは別の場所に出かけることも多いもの。足元を確認してあげましょう。

●(2)階段の上り下りはサポートを

1歳前後から歩きはじめ、そのうち階段を上手に上り下りできるようになります。

しかし、3歳までの子どもはまだまだ不安定でいつ転落するかわかりません。

階段を利用する場合は、手をつないだり、親が下側を歩き支える などの対応を癖づけましょう。

●(3)スプーンやペン、歯ブラシなどをくわえたままにしない

ものをくわえたまま走るなどすると、転倒したときに口を切ったり、のどを突いたりします。

おもちゃも含めて、必要時以外は口にくわえたままにしないようにしましょう。

●(4)ヒーター、ストーブ、鍋など熱いものに注意
一段と寒くなる時期ですので、暖房を使ったり、温かい食べ物が欲しくなったりします。

ヒーターやストーブを利用している場合は柵(ガード)の利用 がおススメです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.