くらし情報『幸せになれる? 手相の珍しい“ラッキーサイン”7選』

幸せになれる? 手相の珍しい“ラッキーサイン”7選

2018年5月21日 20:00
 

手相の中には、生き方の方向性や転機を示してくれる “ラッキーサイン”があるのだとか。今回はそんな珍しい手相を、「テソーミルーム」主宰の日笠雅水さんが解説します。
アスタリスクや井型など、場所の意味を強めて幸せを運ぶのがラッキーサイン。豊かな人生が期待できる吉相のM字や三本川、伴侶の存在を観るパートナー線に、海外との縁を探る海外流出線など、生き方のヒントになる“良い印”は突然現れることも。隅々まで見て探してみよう。
ラッキーサイン

関連リンク

・スマフォ動画撮影も可能に? 日々進化する「コスプレイベント」の魅力
・エイコン、現実に「ワカンダ」を建国?
・DISH//、4人体制での初ツアー完走 新たな発表も<セットリスト>
幸せになれる? 手相の珍しい“ラッキーサイン”7選


神秘十字は、感情線と頭脳線をつなぐバイパスと、運命線が交差してできる十字。心と頭、体のバランスが整い、目標がはっきりしていると現れる。2つ以上あると天職を複数持つサイン。

芸術十字は、頭脳線の上に横に流れる線と太陽線がクロスして現れる十字。芸術的な資質を生まれつき持っている人にできる相で、とくに色彩感覚が抜群。そのセンスを活かして成功する可能性も十分。
幸せになれる? 手相の珍しい“ラッキーサイン”7選


お助け十字は、生命線と運命線の間にできる、“×”印。人のため、世の中のために役に立ちたいという奉仕精神が旺盛で、個人的な幸運だけでは物足りないほど。医師や教育者、政治家などにも多い相。

一筆書きの星は、線がすべて同じ濃さで現れることが条件で、100人に1人いるかどうかの希少な吉相。世の中に大きな影響を与えるアイデアの持ち主で、それを実行していく力強さも備えている。
幸せになれる? 手相の珍しい“ラッキーサイン”7選


仏心紋は、親指の第一関節に出る、アーモンド形の線。この相を持つ人は、集中力や強い信念を持ち、粘り強く目標を達成していく。思い込みが強く、かたくなな傾向もある。

井型は、縦線と横線が2本交差し「井」のような形に。さまざまな場所に現れ、望みを自分で叶える時期が来たことを表す。線が増えると、継続性を持つ「グリル」という大吉相に。

アスタリスクは、3~4 本の線が交差した“希望の星”。場所の意味を強める。写真のように頭脳線の周辺に現れれば、人生を動かす、天啓と呼べるようなひらめきが生まれることを示す。

日笠雅水さん「テソーミルーム」主宰。心が癒され、前向きになれる個人鑑定や、楽しく手相が学べる“テソーミ教室”が大人気。ツイッター(@maaco3)では、質問に答えるQ&Aも随時開催。

※『anan』2018年5月23日号より。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.