くらし情報『サラダにするなら湯通しで十分♪ “湯通しにんじん”からのレシピ3つ!』

2016年11月7日 12:00

サラダにするなら湯通しで十分♪ “湯通しにんじん”からのレシピ3つ!

鍋を使わず、お湯を回しかけただけのにんじんは、余熱で火が通り、しゃきっとした歯ごたえに。

野菜をおいしく手早く調理する極意は、「手をかけすぎず、でも手抜きをしないこと」と、料理研究家のウー・ウェンさん。

野菜を茹でて和え物にするのは、手早くできる人気の副菜だけれど、一方で、「水っぽくなってしまった」「歯ごたえがない」という失敗談も多いよう。ウーさん曰く、

「たいていの場合、野菜を茹ですぎていることが原因です。今の野菜は昔と違い、アクも少なく食べやすいものがほとんど。例えば葉野菜なら5秒程度、さっとお湯にくぐらせるだけで十分です。茹ですぎると歯触りや風味が失われてしまうだけでなく、ほうれん草などは、かえって余計なえぐみが出てしまいます」

にんじんも、サラダや和え物にする場合は細くスライスして熱湯をかけるという方法のほうが、香りも栄養も損なわれず、おいしく食べられるのだそう。

「じっくりと甘みを引き出したいという場合は、茹でるよりも蒸すほうが向いています」

今回はにんじんを茹でて作る3品を紹介。野菜本来の味わいと歯ごたえの残るひと皿は、後をひくおいしさ。野菜の茹で方を極めて、ぜひ“和え物マスター”に。

■湯通しにんじん基本の作り方(作りやすい分量)
にんじん2本は皮をむき、スライサーで千切りにする。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.