くらし情報『ZETA DIVISION「日本のチームでいちばん練習を積んだ自負があった」 世界大会を振り返る』

2022年7月5日 18:30

ZETA DIVISION「日本のチームでいちばん練習を積んだ自負があった」 世界大会を振り返る

国際大会で3位に輝くという偉業を成し遂げた日本のe‐sportsチーム「ZETA DIVISION」。プロゲーマーになるまで、そして最前線で活躍する秘訣を5人に直撃。

初のブートキャンプで、より結束が固くなった。

目次

・初のブートキャンプで、より結束が固くなった。
・ゲームをしながら、関係を築いていく。
・日本のチームが世界で活躍するには。
ZETA DIVISION「日本のチームでいちばん練習を積んだ自負があった」 世界大会を振り返る


――4月にアイスランドで開催された世界大会を改めて振り返ってみて、いかがですか?

Laz:行く前から楽しみで仕方なかったです。開催地のアイスランドに行く前に、予行演習でホテルを取ってもらったんです。「ブートキャンプ」っていう、いわゆる合宿ですね。そこで、みんなの人となりがよりわかって。

SugarZ3ro:現地では動画で見た海外チームと対戦できて楽しかったです。思ったより自分たちが通用するってわかったし。

TENNN:確かに、思った以上にいけるなと感じた。それまでは実感が全然なかったし、大丈夫かな、ボコされないかなって感じだったけど。

crow:僕は前のチームで世界大会を経験していたので、前々から「このチームで通用しないわけがないな」と感じてたんです。練習どおり、普段どおりの実力を出せれば勝てるなと。

Laz:アイスランドに着いて1週間ほど現地で練習できる余裕があったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.