くらし情報『将来、お金を増やしていくためにやってはいけないこと【徹底解説!】』

2020年2月18日 20:05

将来、お金を増やしていくためにやってはいけないこと【徹底解説!】

目次

・積み立てや資産運用は必要に応じて取り組む
・こんな積み立てや資産運用はしてはいけない
・運用初心者にもリスクの少ない積み立て・運用とは
積み立てや資産運用のイメージ


お子さんの教育費や老後資金の準備などに積み立てや資産運用をしている人もいらっしゃると思います。順調に積み立てや資産運用をしている人がいる反面、あまり上手にできていない人や始めようと思っているのに始めていない人もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は積み立てや運用で失敗しないためも、避けたほうがよい積み立てや資産運用についてお伝えできればと思います。

積み立てや資産運用は必要に応じて取り組む

積み立てや資産運用はライフプラン上で子どもの教育費、住宅購入資金、老後生活の資金などお金がたくさんかかるライフイベントに備えるために必要なことです。例えば私立大学と比べて一般的に安い国立大学でも、4年間の授業料+入学金でも通常250万円程度掛かります。私立大学ではさらに掛かり大学ごとに異なるだけでなく、学部・学科ごとに授業料は異なり、安い文系学部でも4年間の授業料+入学金で450万円程度掛かります。

利回りが0とした場合18年間で準備するには、250万円の場合は毎月11,574円、450万円の場合は毎月20,833円の積み立てが必要となります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.