くらし情報『「酔っ払った私のせい?」アートで訴えるレイプ被害者の苦悩』

2016年8月9日 10:10

「酔っ払った私のせい?」アートで訴えるレイプ被害者の苦悩

目次

・レイプ被害に声を上げたアーティスト
・4人に1人の女子大生がレイプ被害を受けている国、アメリカ
・非難の文化に染まったアメリカ、日本
・悪いのは誰?作品に込められた被害者たちの叫び
(Photo by Facebook)

(Photo by Facebook)

「わたしのせい。酔っ払っちゃったの」 
そう書かれたボードを持ち、真っ黒な背景の中に佇む下着姿の女性。 
背後から伸び、彼女の身体を無造作に掴む「誰か」の手。 
これはNYのイサカ大学に通うフォトグラファー、Yana Mazurkevichが発表した作品だ。 
彼女はこのシリーズを通して、女子大生のレイプ被害とそれにまつわる「非難の文化」への疑問を訴える。

レイプ被害に声を上げたアーティスト

(Photo by Facebook)

(Photo by Facebook)

2015年にYana Mazurkevichが発表した写真シリーズ「Sexual Assault Series(性的暴力シリーズ〜〜〜)」が、今再び注目を集めている。 
2016年6月、レイプ被害や性的不平等、DVなどについての意見交換を進める団体「Current Solutions」のfacebookページで、「Dear Brock Turner(親愛なるブロック・ターナー様へ)」として紹介されたのだ。

4人に1人の女子大生がレイプ被害を受けている国、アメリカ

(Photo by The Huffington Post)

(Photo by The Huffington Post)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.