くらし情報『天海祐希「まるで母親の気持ち」 スピルバーグも認める天才子役と再会』

2011年11月29日 21:41

天海祐希「まるで母親の気持ち」 スピルバーグも認める天才子役と再会

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

スティーブン・スピルバーグが10年以上の構想を経て完成させた感動のヒューマンドラマ『リアル・スティール』のジャパン・プレミアが11月29日(火)、東京・六本木ヒルズアリーナで開催され、来日中の天才子役ダコタ・ゴヨとショーン・レヴィ監督、そして日本語吹き替えを担当した女優の天海祐希が出席した。

ロボットが人間に取って代わり、格闘技のリングに上がる世界を舞台に、時代遅れとなったボクサーのチャーリー(ヒュー・ジャックマン)が、長年離ればなれに暮らしていた息子のマックス(ダコタ)と再会。旧式の格闘ロボット“アトム”との出会いを機に、運命を変える戦いに臨む姿を感動的に描く。

現在12歳のダコタは、あのスピルバーグをして「奇跡の少年」と言わしめた天才子役。この日は壇上で堂々と挨拶し、記者からの質疑にもそつなく対応する一方で、レッドカーペット上の写真撮影ポイントをうっかりスルーしてしまうお茶目な一面も披露してくれた。「日本に来ることができて、本当にうれしいよ。日本は地震や津波があって、とても大変だったと思う。この映画は、たとえ悪い時期であっても一生懸命に努力し夢に向かっていけば、きっといい日が来るということを描いているんだ」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.