くらし情報『アンナ・ファリス、『ディクテーター』でコメディ・スター・オブ・ザ・イヤー受賞』

2012年5月3日 11:35

アンナ・ファリス、『ディクテーター』でコメディ・スター・オブ・ザ・イヤー受賞

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


ハリウッドの異端児、サシャ・バロン・コーエンの最新主演コメディ『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』でヒロインを務めたアンナ・ファリスが4月26日(現地時間)、ラスベガスで行われたシネマコンにて<コメディ・スター・オブ・ザ・イヤー>を受賞した。

大ヒットパロディ・コメディ『最終絶叫計画』(’00)でブレイクして以来、『絶叫計画』シリーズや『Gガール 破壊的な彼女』(’06)など、数々の作品でコメディエンヌとしての存在を確立してきたアンナ。本作で彼女が演じるのは、サシャ扮する独裁者“アラジーン将軍様”のお相手。ニューヨークで身元不明となり人生最大のピンチに陥る世界一危険な独裁者と恋愛模様を繰り広げる。世界のお騒がせ男であるサシャを相手に堂々と渡り歩き、コメディエンヌとしての才能をさらに開花させた。

本作の監督は、『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』でサシャとコンビを組んだラリー・チャールズ。アンナのほかにも、ジョン・C・ライリ―(『おとなのけんか』)にベン・キングズレー(『ヒューゴの不思議な発明』)、本人役で出演したミーガン・フォックス(『トランスフォーマー』)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.