くらし情報『【シネマカフェ的海外ドラマvol.328】「GOTHAM」が描く、アルフレッドとブルースの関係性』

2015年7月1日 18:06

【シネマカフェ的海外ドラマvol.328】「GOTHAM」が描く、アルフレッドとブルースの関係性

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


ダークヒーロー誕生以前、悪の街ゴッサム・シティでは何が起きていたのか…?バットマンの良き理解者であり、後にゴッサム警察本部長となる刑事ジム・ゴードンが、街の悪と対峙しながら正義を貫く「GOTHAM/ゴッサム」。ジム・ゴードン役のベン・マッケンジーに続き、アルフレッド役のショーン・パートウィーにも話を聞きました。

アルフレッド・ペニーワースは、後にバットマンとなるであろうブルース・ウェインの執事。ゴッサム・シティの名士だったウェイン夫妻の死去以来、アルフレッドは大きなお屋敷で夫妻の長男ブルースの親代わりを務めています。映画『ダークナイト』などではマイケル・ケインがアルフレッドの礼節とユーモアを絶妙に演じていますが、「GOTHAM/ゴッサム」のアルフレッドは幼きブルースを導く役目を担っているため、ユーモアも垣間見えるものの厳格要素が強め。偶然にも「アルフレッドという名の息子がいる(笑)」というショーン自身、“アルフレッドの子育て術”にはちょっと物申したいところがあるようです。

「僕の方が父親としては上だと思いたいくらい、アルフレッドの親としてのスキルは未熟だね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.