くらし情報『岡田准一の“妄想”いっぱい!理想のマイホームとは?「TOKIOカケル」』

2017年8月23日 13:35

岡田准一の“妄想”いっぱい!理想のマイホームとは?「TOKIOカケル」

Photo by cinemacafe.net

城島茂、山口達也、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也の「TOKIO」メンバー5人がゲストとトークを繰り広げる「TOKIOカケル」。その8月23日(水)の放送回に、映画『関ヶ原』で主演を務める「V6」岡田准一が3か月ぶりに出演、今回は“初めし”企画で盛り上がる。

1995年、ジャニーズ事務所入所わずか3か月後に「V6」としてメジャーデビューを果たし、グループとしての活動と並行してドラマなどへも出演していた岡田さん。2002年に放送されたドラマ「木更津キャッツアイ」で田渕公平役を演じ主演、同作がその後映画化されるなど大ヒットしたことで一躍俳優として注目を集めるように。その後2007年から放送が開始された「SP 警視庁警備部警護課第四係」も大ヒットシリーズとなり、同シリーズでは鍛え上げられた肉体を駆使したアクションをみせるなど、大人の俳優へ脱皮。

近年は2012年の『天地明察』、2013年の『図書館戦争』シリーズと『永遠の0』、2014年には大河ドラマ「軍師官兵衛」、昨年2016年は『エヴェレスト 神々の山嶺』『海賊とよばれた男』の2作で主演。重厚な演技派俳優としていまや日本映画界に欠かせない俳優へと成長を遂げた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.