くらし情報『“最強の男”リーアム・ニーソンが解雇…『トレイン・ミッション』切なすぎる本編映像』

“最強の男”リーアム・ニーソンが解雇…『トレイン・ミッション』切なすぎる本編映像

2018年3月26日 18:30
 

関連リンク

・二宮和也、“超大物”とサシ飲みロケに!「櫻井・有吉THE夜会」
・長谷川博己、2020年NHK大河「麒麟がくる」で明智光秀!朝ドラからの“連投”
・痛々しいディーン・フジオカに「目を背けたくなる」の声…「モンテ・クリスト伯」第1話
Photo by cinemacafe.net

先日、リーアム・ニーソンが13年ぶりの来日を果たしたことでも話題となった『トレイン・ミッション』。この度、“リーアム史上最も切ないシーン”を収めた本編映像の一部が公開された。

本作は、長年勤めてきた保険会社を60歳で突如リストラされた不運な男・マイケル(リーアム・ニーソン)が、途方に暮れ帰路に向かう電車内、見知らぬ女から「乗客の中から<ある人物>を探し出せば、10万ドル支払う」と持ちかけられ、捜査を開始していくが…というストーリー。

今回到着した映像は、マイケルが上司からリストラを告げられるシーン。リーアムといえば、『96時間』では娘を誘拐した犯人を追い詰める元CIA工作員の主人公を演じたほか、『フライト・ゲーム』や『アンノウン』でも見えない敵に立ち向かう勇敢な主人公熱演し、映画界きっての“最強の男”といっても過言ではない。しかし、本作では定年間近にリストラされてしまうこれまでとは違った不運な男に扮している。

映像では、上司からの突然解雇に納得のいかないマイケルは、「住宅ローンと大学生を抱えている」「あと5年で定年。もう60歳なんだぞ」と必死に抗議するものの、言葉むなしく上司からは「君は真面目な企業戦士だったが、戦士に死傷はつきものだ」と痛烈なひと言…。彼の心情を表すかのような寂し気な音楽がまた切なさを際立てている。

『トレイン・ミッション』は3月30日(金)より全国にて公開、3月29日(木)TOHOシネマズ日比谷にて特別先行上映。

(cinemacafe.net)

■関連作品:
トレイン・ミッション 2018年3月30日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開
© STUDIOCANAL S.A.S.

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.