くらし情報『コロナ禍が生んだ初の全編Zoomホラー『ズーム/見えない参加者』1月公開へ』

2020年11月16日 17:00

コロナ禍が生んだ初の全編Zoomホラー『ズーム/見えない参加者』1月公開へ

Photo by cinemacafe.net

新型コロナウイルスによるロックダウン中のイギリスを舞台に、全編Zoom(ズーム)で製作された史上初のZoomホラー『HOST』が、邦題『ズーム/見えない参加者』として2021年1月15日(金)より全国公開することが決定した。

離れた者同士を繋げて会話を楽しんだり、打ち合わせができたり、WEB会議ツールZoomはコロナ禍に日常の一部と化した。だが、もしもそこに悪霊が取り憑いたら…。

本作ではZoomを介して死者と交信を行う「Zoom交霊会」を始めた6人の男女に、次々と不可解な現象が起こる。恐怖から逃げようにも、ロックダウン下で外には出られない!安全なはずのステイホームも悪霊の前では意味をなさない。彼らは暗闇に潜む何かから逃れることができるのか!?

初のZoomホラーを手掛けたのは、17才で初監督を務めた『Strings』(12)が、英国インディペンデント映画賞レイダンス賞を史上最年少で受賞した逸材ロブ・サヴェッジ。企画から公開までをわずか12週間で完成させたその手法に、映画界から注目が集まっている。

全編Zoomのリハーサル中に心霊現象が…

本作の誕生のきっかけは、監督自身が友人同士で実際に行ったオンライン飲み会で、監督が仕掛けた“いたずら”。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.