くらし情報『山崎賢人「今をがむしゃらに生きる宗一郎に共感」『夏への扉』初日に熱くメッセージ』

2021年6月28日 15:00

山崎賢人「今をがむしゃらに生きる宗一郎に共感」『夏への扉』初日に熱くメッセージ

Photo by cinemacafe.net

山崎賢人主演『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』の公開を記念し、初日舞台挨拶が実施され、山崎さん、清原果耶、藤木直人、夏菜、眞島秀和、高梨臨、そして本作のメガホンをとった三木孝浩監督が登壇。さらに山崎さん演じる高倉宗一郎の相棒猫・ピートも駆けつけた。

山崎さんは「今日は無事公開を迎えることができて本当に嬉しく思います。すごくポジティブになれる映画なので、皆さん楽しんでもらえたら」と挨拶、続いて宗一郎の大切な人・璃子を演じた清原さんは「映画が無事に公開できることと、今日皆さんの前で舞台挨拶をできることがすごくありがたいなと思っています」と思いを込めて語った。

宗一郎の30年後での相棒である藤木さんは「ロボット役の藤木直人です。ロボット役と自己紹介をするのが今日で最後ということで少し寂しい気もしますけれども、こうやって無事公開にたどり着いたことを嬉しく思います。またこの作品が少しでも多くの方に届けばいいなと思います」と少し感慨深げに挨拶。

そして宗一郎の婚約者・白石鈴を演じた夏菜さんは、取材時にどうしても自身の役柄を“高梨臨”と言ってしまうというエピソードを披露しながら「自己紹介の時に高梨臨役のと言おうよ、と舞台袖で皆さんに言われていたのですが、ここで緊張して言えなくなってしまいました(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.