くらし情報『『タイタニック』越え見えた?『アバター』旋風止まず オスカー候補も奮闘の全米戦線』

2010年1月5日 22:58

『タイタニック』越え見えた?『アバター』旋風止まず オスカー候補も奮闘の全米戦線

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

昨年末から始まった賞レースで沸き立つ全米の映画界だが、劇場興行でもオスカー有力候補作品の登場で大盛況!正月の目玉作品としてここ日本でも大ヒット上映中のジェームズ・キャメロン監督による3D超大作『アバター』が12月18日の公開以来、全米興行ランキング1位を占拠、世界中で大旋風を巻き起こしている。

12年の沈黙を破りキャメロン監督が完成させた力作とあって、クリスマスシーズンの映画の中でもダントツの注目度を集めていた本作。映画史上、4作品しか達成していない全世界興行収入10億ドル突破を、公開後たったの17日で達成してしまった。現時点で、同じくキャメロン監督作品で史上1位となる記録を持つ『タイタニック』(’97/18億4,290万ドル)や、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(’03/11億1,910万ドル)、『パイレーツ・オブ・カリビアン2/デッドマンズ・チェスト』(’06/10億6,620万ドル)に次ぐ、史上第4位の大記録。一昨年に大ヒットした『ダークナイト』を抜き、史上最速で10億ドル突破を果たした。全米だけでも興収3億5,200万ドルを超え、あのオバマ大統領も一家で年末に本作を鑑賞したとか!

日本では、12月23日の公開から2週間で既に興収35億円を突破。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.