くらし情報『「TOKYO MER」5話、鈴木亮平“喜多見”の話術に絶賛、賀来賢人“音羽”には「究極のツンデレ」の声』

2021年8月2日 00:30

「TOKYO MER」5話、鈴木亮平“喜多見”の話術に絶賛、賀来賢人“音羽”には「究極のツンデレ」の声

Photo by cinemacafe.net

鈴木亮平主演「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の5話が8月1日放送。大物政治家相手を手玉に取る喜多見の“話術”に絶賛の声が殺到。また“究極の選択”を迫られた音羽にも「めちゃくちゃ良い人」「究極のツンデレ」など賞賛の言葉が送られている。

最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車輌(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者にいち早く救命処置を施すモバイル・エマージェンシー・ルーム“MER”が東京に設立。この「TOKYO MER」に集った救命医や看護師たちの活躍と、TOKYO MERを巡る政治劇も描かれていく本作。

優秀な救命救急医だが経歴に“空白の1年間”を持つTOKYO MERのチーフ・喜多見幸太を鈴木さんが演じるほか、TOKYO MER解体の命を受けながら医師としての使命感から喜多見に協力していく音羽尚に賀来賢人。

初の女性総理大臣の呼び声も高い東京都知事の赤塚梓に石田ゆり子。赤塚をライバル視しTOKYO MER解体を企む厚生労働大臣の白金眞理子に渡辺真起子。白金のもとでTOKYO MER解体のため音羽に檄を飛ばす久我山秋晴に鶴見辰吾。またTOKYO MERのスタッフとして菜々緒、中条あやみ、小手伸也、佐野勇斗。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.