くらし情報『『シャネル&ストラヴィンスキー』アナ・ムグラリス 「No.5」がもたらしたもの』

2010年1月16日 00:26

『シャネル&ストラヴィンスキー』アナ・ムグラリス 「No.5」がもたらしたもの

「彼女は厳しい人…自分にも他人にもね。功績を見ても、彼女が強くなければそんなことはなしえなかっただろうと思うわ。見方によっては残酷だったと思う人もいるかもしれない。でも、その“強さ”がどこから来たのかを考えたとき、いまになって思うのは、彼女は内面的な脆さから自らを守るために、そうした“よろい”を身に着けなくてはならなかったのではないか?ということ。彼女は、間違いなく男社会の中で時代を切り拓き、それは現代にも多くのものを遺したんです。フランスで女性が選挙権を手にしたのは1947年。スイスでは71年。日本も戦後だと聞いています。それだけのことでも、何世紀も経っていない、“ほんのつい最近”なのよ。いまなお、女性が置かれているのは“男社会”。そんな状況を考えた上で、私自身、権利を主張し発言できる場に身を置いて、意識しながら女優の仕事をしていきたいわ」。

そう語る彼女は男よりも強く凛々しく輝いていた。

■関連作品:
シャネル&ストラヴィンスキー 2010年1月16日よりシネスイッチ銀座、Bunkamura ル・シネマ、新宿武蔵野館ほか全国にて公開
© EUROWIDE FILM PRODUCTION

■関連記事:
【シネマモード】世紀の女ココ・シャネル『シャネル&ストラヴィンスキー』
香りと音楽に込めた恋『シャネル&ストラヴィンスキー』試写会に10組20名様ご招待
ファッション小噺vol.109王道の伝記&ピグマリオン精神に見る“シャネル”

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.