くらし情報『絶対に入ってはいけない…赤楚衛二主演「世にも奇妙な物語」』

2021年10月12日 04:00

絶対に入ってはいけない…赤楚衛二主演「世にも奇妙な物語」

Photo by cinemacafe.net


11月放送の「世にも奇妙な物語’21秋の特別編」より、赤楚衛二主演のドラマの内容が明らかになった。

本シリーズ初出演で主演を務める赤楚さんが登場する物語は、ある扉を開けてしまったことがきっかけで、人生が一変してしまう「スキップ」。

絶対に入ってはいけない…赤楚衛二主演「世にも奇妙な物語」

赤楚さんが演じる冴えない大学生活を送る主人公・大倉幹夫は、同級生で大学のマドンナ的存在・藤野彩花に思いを寄せながらも、なかなか声をかけることができなかった。そんなある日、学校の帰り道で見覚えのあるマークが描かれた鍵を拾う。その鍵は、子どもの頃に祖母から「絶対に入ってはいけない。中に入ったら、二度と出られなくなる」と言われた大倉家にある“開かずの扉”の鍵だった。しかし、幹夫は鍵にひきつけられるように不穏な雰囲気に包まれながらも“開かずの扉”を開けてしまうことに…というストーリー。

「役者をやるからには、いずれは出演させていただきたいと思っていた番組だったので、本当にうれしかったです!」と本シリーズへの出演を喜んだ赤楚さんは、今回のエピソードについて「起承転結がはっきりしていて、テンポも良くて楽しみながら読ませていただきました。最初から後半にかけての落差があって、一つ一つが丁寧に描かれていたので、演じがいのある役だと思いました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.