くらし情報『坂口健太郎がアジアスター賞!「シグナル」SPもソウルドラマアワードで受賞』

2021年10月21日 19:00

坂口健太郎がアジアスター賞!「シグナル」SPもソウルドラマアワードで受賞

Photo by cinemacafe.net


3月に放送された「シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル」が、「ソウルドラマアワード2021」(SDA)インターナショナル・ドラマ・オブ・ザ・イヤー(非競争部門)、主演の坂口健太郎がアジアスター賞を受賞したことが分かった。

本作は、2018年にカンテレ・フジテレビ系で放送された連続ドラマ、謎の無線機が“現在”と“過去”の2人の刑事を繋ぎ、未解決事件を解決していくヒューマンサスペンス「シグナル 長期未解決事件捜査班」の3年ぶりの続編。4月には、オリジナルストーリーで描かれた劇場版も公開された。

坂口健太郎がアジアスター賞!「シグナル」SPもソウルドラマアワードで受賞

今回本作は、“今年最も評判になった海外制作ドラマ”との評価を受け、「インターナショナル・ドラマ・オブ・ザ・イヤー(非競争部門)」を受賞。さらに、本作の主演で現在の刑事・三枝健人を演じた坂口さんが、本作品での演技や多方面の活躍により、今年アジアで最も活躍し、多くのファンに愛された俳優に贈られる「アジアスター賞」を受賞することになった。

坂口健太郎がアジアスター賞!「シグナル」SPもソウルドラマアワードで受賞

受賞について坂口さんは「“インターナショナル・ドラマ・オブ・ザ・イヤー”というとても名誉のある賞をいただき、ありがとうございました。この作品は、僕が初めて主演を務めさせていただいた、僕の中でとても思い入れのある作品です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.