くらし情報『マット・デイモン「役になりきるために増量」『スティルウォーター』場面写真&コメント到着』

2021年12月8日 18:45

マット・デイモン「役になりきるために増量」『スティルウォーター』場面写真&コメント到着

Photo by cinemacafe.net


アカデミー賞受賞作『スポットライト 世紀のスクープ』監督最新作『スティルウォーター』より、新場面写真8点が解禁され、主演のマット・デイモンが役作り秘話を明かしたコメントも到着した。

本作は、フランス・マルセイユを舞台に、殺人罪で捕まった娘の無実を証明するため、マット・デイモン演じる父親が真犯人を探し出すサスペンス・スリラー。

マット・デイモン「役になりきるために増量」『スティルウォーター』場面写真&コメント到着

この度解禁されたのは、ビル(マット・デイモン)が娘の無実を証明するため、単身マルセイユで奔走する様をとらえた場面写真。投獄中の娘アリソン(アビゲイル・ブレスリン)と面会するもどこかぎこちなく心の距離を感じさせる姿や、現地での偶然の出会いから捜査の協力者となるヴィルジニー(カミーユ・コッタン)とその娘マヤ(リル・シャウバウ)との交流を深めていく姿がとらえられている。

マット・デイモン「役になりきるために増量」『スティルウォーター』場面写真&コメント到着

地中海を臨むマルセイユの美しい街並みが印象的な本作の中で、キャップに無精髭、チェックシャツという街から浮いた無骨な出で立ちで佇むビルの姿は特に目を引くものがある。本作の撮影にあたり、デイモンはトム・マッカーシー監督とともに、ビルの出身地であるオクラハマ州のラフネックと呼ばれる掘削作業などの肉体労働に従事する、いわゆるブルーカラーの人たちに実際に会って役作りの参考にしたそうだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.