くらし情報『岸谷五朗&岡山天音&岸井ゆきの、3人の役作りは即興演技?「No Activity」コメント&場面写真』

2022年1月4日 12:00

岸谷五朗&岡山天音&岸井ゆきの、3人の役作りは即興演技?「No Activity」コメント&場面写真

Photo by cinemacafe.net


日本を代表する俳優陣と、いまを賑わすスタッフが手を組んで誕生した、これまで見たことの無いような型破りな刑事コメディドラマ「No Activity/本日も異状なし」より、出演の岸谷五朗&岡山天音&岸井ゆきの3人の場面写真とコメントが到着した。

本作の注目は、何と言っても人間味があふれキャラが濃すぎる登場人物たちの絶妙な掛け合い。主人公の時田(豊川悦司)と椎名(中村倫也)のバディや警視庁無線連絡室の美里(木村佳乃)と阿漓羅(清野菜名)の指令官コンビ、そして犯人の諌山(岸谷五朗)と一条(岡山天音)と、人質にされてしまった茉莉(岸井ゆきの)の3つのグループが、それぞれ思わず吹き出してしまうような軽妙な会話劇を展開する。

岸谷五朗&岡山天音&岸井ゆきの、3人の役作りは即興演技?「No Activity」コメント&場面写真

岸谷さんが演じる諌山は、前科7犯で今回麻薬取引に手を染めることになった裏社会の住人。何をしでかすか分からない異様な雰囲気と、常人には理解しがたい性癖も持つ、ちょっと危ないキャラクター。岸谷さんは自身の役作りに関して、「諌山という役を一人で固めていくわけではなく、一条と茉莉との掛け合いの中で諌山のキャラクターを変化させていきました」と、2人との掛け合いの中で役を変化させていったことを明かす。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.