くらし情報『「ケイ×ヤク」2話、犬飼貴丈“獅郎”の背中に思わず触れようとする鈴木伸之“一狼”に「そのシーン何度もリピートしてる」の声』

2022年1月21日 10:35

「ケイ×ヤク」2話、犬飼貴丈“獅郎”の背中に思わず触れようとする鈴木伸之“一狼”に「そのシーン何度もリピートしてる」の声

Photo by cinemacafe.net


鈴木伸之&犬飼貴丈がバディを演じる「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」の2話が1月20日放送。獅郎の背中の入れ墨に思わず触れそうになる一狼に「そのシーン何度もリピートしてる」などの声が集まるとともに、2人の“バディ”ぶりにも賞賛が集まっている。

堅物な公安捜査官とミステリアスなヤクザが禁断バディを結成、闇に葬られた事件を追っていくなかで次第に巨大な陰謀へと巻き込まれていくという展開の本作。

「ケイ×ヤク」2話、犬飼貴丈“獅郎”の背中に思わず触れようとする鈴木伸之“一狼”に「そのシーン何度もリピートしてる」の声

幼い頃に両親を失った公安捜査官で、莉音が3年前に失踪した事件の捜査が早々と打ち切られたことに納得行かず、潜入捜査先で出会った英獅郎が莉音の弟と知り、ともに莉音の行方を追う国下一狼に鈴木さん。生まれて間もなく親に捨てられ、児童養護施設で育ち、姉である央莉音を探すため「峰上組」に潜入、スピード出世で若頭まで上り詰め、政財界の大物たちに接触している英獅郎に犬飼貴丈。

一狼の教育係兼バディだった公安捜査官で獅郎の姉でもある央莉音に栗山千明。獅郎を目の敵にしている兄貴分の中村雄司に松本利夫。一狼に獅郎を監視する任務を命じる公安部長の田口晶に徳井義実(チュートリアル)。獅郎と愛人関係の内閣総理大臣・公昭公昭に板尾創路。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.