くらし情報『岸優太、ヤンキー青春漫画「Gメン」実写化で映画初主演「自分と重なる部分が」』

2022年1月24日 06:00

岸優太、ヤンキー青春漫画「Gメン」実写化で映画初主演「自分と重なる部分が」

Photo by cinemacafe.net


小沢としおの人気ヤンキー青春漫画「Gメン」が、映画初主演の「King & Prince」岸優太を迎え、今秋公開されることが決定した。

女子に大人気の男子進学校に転校した…はずが、問題児ばかりが集まる1年G組に入ってしまった門松勝太。そこで出会ったクセの強いクラスメイトや上級生らと共に、日々を楽しく全力で生きていきながらも、突如降り掛かってくる巨悪な事件や、誰もが恐れる危険な組織との壮絶な戦いの中で、葛藤し立ち向かいながら成長していく――。

2014~18年まで「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)にて連載された「Gメン」は、問題児ばかり集う男子校に転校してきた主人公が、クラスメイトや上級生ら仲間たちと全力で生きる姿を、アツく楽しく描いたヤンキー青春漫画。国内累計発行部数150万部を突破し、連載終了後もなお、新たなファンを獲得し続けている。

岸優太、ヤンキー青春漫画「Gメン」実写化で映画初主演「自分と重なる部分が」
「Gメン」書影 (C) 小沢としお(秋田書店)2015
月9ドラマ「ナイト・ドクター」、スペシャルドラマ「必殺仕事人」への出演が話題となった岸さんが演じるのは、全くモテない問題児高校生・門松勝太。体当たりのアクションに挑戦するため、撮影前からトレーニングで鍛え上げ、フルパワーで役作りに挑む。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.