くらし情報『フィン・ホワイトヘッド、名優との共演は「至福の時」『ゴヤの名画と優しい泥棒』インタビュー映像』

フィン・ホワイトヘッド、名優との共演は「至福の時」『ゴヤの名画と優しい泥棒』インタビュー映像

Photo by cinemacafe.net


実際に起きた前代未聞の絵画盗難事件をもとにしたヒューマンドラマ『ゴヤの名画と優しい泥棒』より、出演のフィン・ホワイトヘッドのインタビュー映像が到着した。

平凡な60歳のタクシー運転手ケンプトン・バントンがナショナル・ギャラリーからゴヤの名画「ウェリントン公爵」を盗み出したという、1961年に起きた驚きの実話を描く本作。フィン・ホワイトヘッドはジム・ブロードベント演じる主人公ケンプトン・バントンの息子ジャッキー役を熱演している。


フィン・ホワイトヘッド、名優との共演は「至福の時」『ゴヤの名画と優しい泥棒』インタビュー映像

イギリス・ロンドン生まれのフィンは、現在24歳。皿洗いのアルバイトをしながらオーディションに通い、クリストファー・ノーラン監督の大作映画『ダンケルク』(2017)の主役に大抜擢された。その後、エミー賞を受賞したNetflixオリジナル映画『ブラック・ミラー:バンダースナッチ』(2018)で主演を務め、3月に公開を控えるSF大作『ヴォイジャー』(2021)では、若手の新星タイ・シェリダンとリリー=ローズ・デップと共演している。話題作に次々と出演し、これからの活躍が期待される英国俳優の一人だ。

本作でフィンが演じたのは、主人公ケンプトンの次男で、船大工として働くジャッキー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.