くらし情報『「俺かわ」7話 山田涼介“康介”、眠る和泉への配慮に「丸谷くんみたいな子彼氏にしたい」の声続出、“障子越し”キスシーンも話題に』

2022年5月29日 07:30

「俺かわ」7話 山田涼介“康介”、眠る和泉への配慮に「丸谷くんみたいな子彼氏にしたい」の声続出、“障子越し”キスシーンも話題に

Photo by cinemacafe.net


「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」の7話が5月28日放送。眠る和泉に抱きしめられるも、抱きしめ返さずにそっと布団をかける康介の行動に「なんていい男!」「丸谷くんみたいな子彼氏にしたい」などの反応が続出。“障子越し”キスシーンも話題になっている。

山田涼介が「セミオトコ」以来3年ぶりにテレビ朝日連続ドラマ主演を務める本作は、老舗酒造に生まれ、整った可愛らしい顔立ちで幼い頃から常に“主役”の人生を歩んできた主人公が、30年後の未来から来た自分だというおっさんに“可愛い”という武器が使えなくなることを宣告される…というストーリーが展開してきた。

和泉と付き合うことになった丸谷康介を山田さんが演じ、真田和泉には芳根京子。自らを59歳の康介だと名乗るおっさんに古田新太。康介の後輩・一ノ瀬圭には大橋和也(なにわ男子)。康介の先輩・鏑木悟には迫田孝也。また鞘師里保、西田尚美、津田健次郎といった顔ぶれも共演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

康介と和泉は付き合うことになり、密かにメッセージのやり取りをするなど、幸せ度数100%の社内恋愛にウキウキの日々を送る日々を過ごす康介だが、初デートで和泉が購入した壺が康介の部屋にまだ置きっぱなしになっており、それを取りに康介のマンションに来た和泉は、突然上京してきた康介の母・路子(室井滋)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.