くらし情報『「ラストマン」8話、福山雅治“皆実”が大泉洋“心太朗”に放った言葉に「タイトルにそんな意味も」などの反応上がる』

2023年6月12日 07:30

「ラストマン」8話、福山雅治“皆実”が大泉洋“心太朗”に放った言葉に「タイトルにそんな意味も」などの反応上がる

Photo by cinemacafe.net


福山雅治主演「ラストマン-全盲の捜査官-」の8話が6月11日放送。皆実が心太朗に放った“言葉”に「ラストマン そういうことか…」「タイトルにそんな意味も込められてたのか」など視聴者から感嘆の声が上がっている。

41年前に両親を殺され、その時に視力を失った全盲のFBI捜査官・皆実広見を福山雅治が。強引な捜査もいとわない孤高の刑事だが、実の父が皆実の両親を殺した犯人とされている護道心太朗を大泉洋がそれぞれ演じる本作。福山さんと大泉さんが大河ドラマ「龍馬伝」以来に共演しているのも話題となっている。


「ラストマン」8話、福山雅治“皆実”が大泉洋“心太朗”に放った言葉に「タイトルにそんな意味も」などの反応上がる

皆実と心太朗の因縁を知っている護道泉に永瀬廉 (King&Prince)。皆実をサポートする吾妻ゆうきに今田美桜。心太朗の元カノ刑事の佐久良円花に吉田羊。佐久良の同僚刑事の馬目吉春に松尾諭。強盗殺人事件で無期懲役となり服役中の心太朗の実父・鎌田國士に津田健次郎。皆実と心太朗の因縁を知っている泉の父親・護道京吾に上川隆也。第21代警察庁長官を務めた京吾と心太朗の父親・護道清二に寺尾聰といった顔ぶれも共演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。
ご注意ください。

皆実がアテンド役に自分を指名したのは、刑務所にいる鎌田に会うためだったことを知った心太朗は激しく憤る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2023 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.