くらし情報『監督としても注目を集めるイ・ジョンジェ、俳優経験が活きて生まれた『ハント』の魅力』

監督としても注目を集めるイ・ジョンジェ、俳優経験が活きて生まれた『ハント』の魅力

Photo by cinemacafe.net


韓国を代表する俳優イ・ジョンジェが、初監督作である『ハント』で華々しい第二のデビューを飾った。カンヌを筆頭に世界中の映画祭への出品を成し遂げ、韓国を代表する映画賞である「第43回青龍映画賞」では新人監督賞・編集賞・撮影照明賞の三冠を獲得 。俳優としてだけではなく、監督としてもその力量を見事に証明したといっていい。

そんな『ハント』は息もつかせぬスパイアクションであると同時に、それを通し韓国の近現代史に真正面から向き合った作品だ。スリリングなエンタメ大作でありつつ、政治的なメッセージを強く打ち出す姿勢には、韓国映画らしい魅力がたっぷりと詰まっている。

「イ・ジョンジェ」という、新たな実力派監督の誕生を告げる快作『ハント』。その魅力に様々な角度から迫っていこう。

イ・ジョンジェ、その驚くべきキャリア


監督としても注目を集めるイ・ジョンジェ、俳優経験が活きて生まれた『ハント』の魅力

『ハント』が話題を集めたのにはいくつか理由があるが、まずは主演・監督のイ・ジョンジェが何度目かのキャリアの黄金期にあるのが大きい。94年に『若い男』で4つの映画賞において新人賞を受賞した彼は、翌年には国民的ヒットドラマ「砂時計」で主要人物を演じ、瞬く間に韓国の若手スターの座へと上り詰めた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.