くらし情報『イヴ・サンローランのドキュメンタリーがトロントで受賞 日本公開も決定』

2010年9月28日 19:22

イヴ・サンローランのドキュメンタリーがトロントで受賞 日本公開も決定

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

先日まで開催されていたトロント国際映画祭で、ファッションデザイナーのイヴ・サンローランの姿を追ったドキュメンタリー作品『YSL L’AMOUR FOU狂おしい愛』(仮題)が国際批評家連盟賞を受賞。日本での来年の公開も決まり、今後話題を呼びそうだ。

クリスチャン・ディオール、ココ・シャネルらと共に20世紀のファッション業界を牽引し、“モードの帝王”の異名をとったイヴ・サンローラン。2002年の引退まで第一線で活躍。2008年に惜しまれつつこの世を去るも、翌2009年の11月にパリで開催されたオークションでは、愛犬のブルドック・ムジックも見守る中で世界中から集められたプライベートの美術品、工芸品が披露され、死してなおその強烈なる存在感を示し、大きな話題を呼んだ。

常に人々を魅了するデザインを発表し続けてきた彼だが、デザイナーとして屈強なる精神を有する一方で、その素顔は繊細。そんな彼のビジネスパートナーで、最愛の人物でもあり、半世紀もの月日を共に歩み続けたピエール・ベルジェが、今回の映画ではブランドの歴史、イヴの無防備な素顔、そして彼が残した飾りのない言葉を明かす。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.