くらし情報『荒川区が全小中学校にWindowsタブレットを導入、児童1人1台環境は国内初』

2015年3月27日 11:38

荒川区が全小中学校にWindowsタブレットを導入、児童1人1台環境は国内初

導入にあたっては、これまでのPCで利用していた運用管理ツールやコンテンツなどの資産をそのまま利用できること、端末の管理やセキュリティ機能が利用できること、タブレットとしてだけでなく、キーボードを使ってこれまでのPCと同じような使い方ができることも重視した。

すでに各学校や教員、児童生徒らの自主性により、英語や社会などにおける電子黒板と連動した発表やディベート、美術作品の記録といった用途はもちろん、完全防水のデバイスを採用したことにより、水泳の授業においては水中から手や足の動きを確認するといった活用も進んでいます。今後、理科の実験や家庭科の実習、音楽の演奏など、実技を伴う学習にも活用が検討されている。

タブレットの導入により、教員達のコミュニケーションが広がっている中で、荒川区では、今後はもっとコミュニティを強め、教員同士で学び合い、よりよい授業が展開されていくことを期待しているという。

教育委員会からタブレットの活用や研修を行う方法もあるが、よりよい授業を行うためには教員の主体性が重要で、学校やコミュニティの中で、教育研究会という形で、教科ごとや学年ごとの集まりを深め、情報共有や活用が進むように、今後はポータル サイトや掲示板を整備して、教師が主体的に教材を見せあい、情報を共有して授業作りに取り組んでもらいたいとしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.