くらし情報『荒川区が全小中学校にWindowsタブレットを導入、児童1人1台環境は国内初』

2015年3月27日 11:38

荒川区が全小中学校にWindowsタブレットを導入、児童1人1台環境は国内初

荒川区が全小中学校にWindowsタブレットを導入、児童1人1台環境は国内初
日本マイクロソフトは3月26日、荒川区教育委員会が区内の全小中学校で児童生徒1人1台にWindowsタブレットを導入した事例を公開した。

「未来を拓き、たくましく生きる子どもを育成する」という教育目標を掲げる荒川区教育委員会は、2014年9月に区内の34校(中学校10校、小学校24校)すべてに 9,500台の Windows 8.1搭載 タブレットを導入し、児童生徒の学びの環境を整備。

これにより、区内の中学生は1人1台のタブレットを常に利用でき、また小学3~6年生は2時間に1時間、小学1~2年生は4時間に1時間の割合でタブレットを使って学習可能となった。教育委員会が管轄する区域内の全ての小中学校で、児童生徒1人1台のタブレットによる学習環境整備を行った事例は、全国で初。

将来を生きる子供たちに、グローバル社会で求められる「21世紀型スキル」を習得してもらうことを目指す荒川区では、教育用に特別にカスタマイズされた物ではなく、社会で一般的に使われているタブレットを必要としていた。そのため、子どもたちが社会に出た際に一般的な業務で使用されていることの多いWindows搭載タブレット端末を選択した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.