くらし情報『"鳥の目"視点映像、その驚きの撮影方法とは? まずは鳥をふ化させる』

2015年11月13日 21:00

"鳥の目"視点映像、その驚きの撮影方法とは? まずは鳥をふ化させる

"鳥の目"視点映像、その驚きの撮影方法とは? まずは鳥をふ化させる
鳥の目からの視点で壮大な風景の数々を映す番組『アースフライト』。今月2日から動物・自然専門チャンネル「アニマルプラネット」で放送され、視聴者からはツイッターなどで「どうやって撮ったの?」など撮影方法に注目する声が上がっている。

番組内のナレーション「鳥のように空を飛び、天へと舞い上がる。誰もが持つ夢ですが、現実には想像をはるかに超える世界が広がっています。いまだかつて見たことのない光景。それは躍動感あふれる野生動物の営みでした」は決しておおげさな煽り文句ではないことが、静止画からもうかがえる。14日午前4時から放送される『撮影の舞台裏』(15日18:00~/20日14:00~/27日8:00~/29日5:00~)では、そのさまざまな撮影方法が明かされる。

サケを狩るヒグマのすぐ横を飛ぶハクトウワシ、ヌーの大移動を見下ろすハゲワシ、ヒマラヤ山脈のはるか上空を飛ぶインドガン、幼鳥に飛行訓練をさせるために高さ200メートルの崖の淵に連れて行くコンドルの母親。これら"鳥たちの日常"をリアルに再現した映像には、最新鋭の撮影技術に加えて、スタッフたちの涙ぐましい努力が注がれていた。

4年を費やして制作された今回の番組。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.