くらし情報『関口メンディー、胸キュンシーンの力加減を心配され「優しく抱きしメンディー」』

2021年11月27日 13:31

関口メンディー、胸キュンシーンの力加減を心配され「優しく抱きしメンディー」

関口メンディー、胸キュンシーンの力加減を心配され「優しく抱きしメンディー」

映画『昨日より赤く明日より青く-CINEMA FIGHTERS project-』(11月26日公開)の公開記念舞台挨拶が27日に都内で行われ、GENERATIONS from EXILE TRIBE(白濱亜嵐、片寄涼太、数原龍友、小森隼、佐野玲於、関口メンディー、中務裕太)、SABU監督、山下敦弘監督、森義隆監督、真利子哲也監督、久保茂昭監督が登場した。

同作は6本のショートフィルムによるオムニバス映画で、EXILE HIRO、SSFF & ASIA 代表 別所哲也、作詞家 小竹正人の3人によって打ち出されたプロジェクトの第4弾となる。それぞれの主題歌からインスパイアされ生み出された短篇6作に主演、もしくは主題歌を担当するなど、GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーが全員が参加しており、監督それぞれの個性あふれる物語となっている。

新城毅彦監督『真夜中のひとりたち』の主演を務めた関口は「新城監督といえば、ラブストーリーを手掛けられていて、メンバーの涼太とか亜嵐くんとかとも以前に映画を撮られていて、僕もすごい好きで。僕は学生ものの青春キラキラ映画に出たいとずっと言ってきたので、『よし、ついに学生の恋愛キラキラ青春劇だ』と思ったんですけど、それはまた別の形のストーリー展開、すごく大人でキュンとするようなストーリーだった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.