くらし情報『ドキュメントスキャナ「ScanSnap」が次のステージへ - クラウド連携サービス「ScanSnap Cloud」発表会』

2015年11月26日 10:55

ドキュメントスキャナ「ScanSnap」が次のステージへ - クラウド連携サービス「ScanSnap Cloud」発表会

そんな操作が必要なく、ボタンを1つ押すだけでスキャンしたデータをクラウドに送れたら、どんなに便利なことか。ワンプッシュするだけで、レシート、名刺、書類、写真を自動認識して、最適なサービスと連携する。もう、パソコンもスマートデバイスもいらない。それがScanSnap Cloudです」(長谷川氏)。

○機能紹介

PFUのイメージビジネスグループ 国内営業統括部長 松本秀樹氏は、ScanSnap Cloudの仕組みや機能を説明。

「従来のScanSnapでは5つのステップが必要であったものが、ScanSnapCloudならワンボタンで済む。このとき、ファイル種類の判別、ファイル名の生成、イメージの最適化などが自動的に処理される」とした。

振り分けの種別は、レシート、名刺、文書、写真という4種類。どのタイプのデータに、どのクラウドサービスを割り当てるかは、初期設定でユーザーが指定する(変更可能)。あとは、ScanSnapで原稿を読み取るだけで、レシートを保存したいクラウドサービス、名刺や文書を保存したいクラウドサービスへと、スキャンデータが自動的に送信されるというわけだ。こうした設定に対応するOSは、現在のところWindows、Mac、Android、iOSと、一通りをカバー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.