くらし情報『ドキュメントスキャナ「ScanSnap」が次のステージへ - クラウド連携サービス「ScanSnap Cloud」発表会』

2015年11月26日 10:55

ドキュメントスキャナ「ScanSnap」が次のステージへ - クラウド連携サービス「ScanSnap Cloud」発表会

クラウドサービスの普及にともなって、私たちPFUは本日、紙とクラウドサービスをつなぎ、情報交換するドキュメントIoTを提唱いたします。ScanSnapは新たなステージに進化します」(長谷川氏)。

ここでいったんスピーチを止め、長谷川氏はステージ上に並んだスキャナのなかで、一番左の古いScanSnapに近づく。

「たいへん古い機種です。2001年、我々はUSB接続のScanSnapを投入しました。コンセプトはボタン一発PDF。ボタンを押すだけで紙がPDFに変わるというものでした。しかし、動かすには時間と手間がかかりました。我々が悩まされたのがUSBケーブルです。この悩みは10年以上続きました。ケーブルでつなぐということで、まず置き場所が制限されてしまいます」(長谷川氏)。

続いて中央のScanSnapへ。「2012年、USBケーブルの問題を解決するために、パソコンやスマートデバイスとScanSnapの接続にWi-Fiを採用しました。これによって、使い勝手、利用シーンを飛躍的に進化させました」(長谷川氏)。

最後は一番右のScanSnapだ。「しかし、スマートデバイスでもユーザーが何らかの操作をしないと処理ができず、誰でも簡単に使えるというものではありませんでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.