くらし情報『三菱東京UFJ銀行、出会い系サイト等の利用者の電話番号が約1万4,000件漏えい』

2015年11月30日 22:04

三菱東京UFJ銀行、出会い系サイト等の利用者の電話番号が約1万4,000件漏えい

三菱東京UFJ銀行、出会い系サイト等の利用者の電話番号が約1万4,000件漏えい
三菱東京UFJ銀行は30日、同行において、会員制サイト等のサービス運営者の預金口座入出金明細が漏えいし、当該明細に記載された一部の振込依頼人(=会員制サイト等の利用者)である顧客の電話番号が架空請求詐欺に利用されていたことが判明したと発表した。

三菱東京UFJ銀行によると、今回漏えいした振込依頼人である顧客の情報は、電話番号またはカナ氏名(※1)で、住所や口座番号等の情報は含まれていない。また、架空請求詐欺に利用されていたのは電話番号だけで、同行で調査をしたところ、約1万4千件の電話番号が漏えいしている可能性がある。

(※1) 電話番号とカナ氏名の双方が漏えいしている顧客はいない

会員制サイト等運営者の同行にある口座への振り込みにあたり、振込人名として自らの電話番号を入力(※2)したことがある顧客は、サイト利用料等の架空請求詐欺に利用されるおそれがあるため、同行では注意を呼びかけている。

(※2) 通常、振込時には、「振込依頼人名」として氏名を入力するが、特定の会員制サイトには、氏名の代わりに電話番号の入力を求めるものがある

三菱東京UFJ銀行によると、今回の発生事象・経緯について、第三者が同行の「残高照会ダイヤル」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.