くらし情報『宅配物、駅などで好きな時間に受け取り可能 - ヤマト運輸が新事業発表』

2016年2月8日 18:00

宅配物、駅などで好きな時間に受け取り可能 - ヤマト運輸が新事業発表

宅配物、駅などで好きな時間に受け取り可能 - ヤマト運輸が新事業発表
ヤマト運輸はこのほど、宅配物を好きな時間に受け取れる「オープン型宅配ロッカー」の事業を開始すると発表した。駅などに設置されたロッカーに、宅配業者が荷物を保管。利用者はそのロッカーから宅配物を受け取れるという仕組みだ。フランスで既に同事業を実施しているネオポストと合弁会社をつくり、運用する。

○好きな時間に人を介さず受け取れる

同事業は、再配達を減らすなどの目的で実施されるもの。2014年12月に行われた国土交通省の調査によれば、国内の宅配便のうち約2割が再配達の対象となっているという。同社としても、ドライバー不足や環境問題の観点から、社会的な課題として解決する必要に迫られたとしている。

これまでも同社では、「コンビニエンスストアを活用した受取場所の拡大」「配送予定を事前にメールする」などの施策を行い、再配達の減少に努めてきた。一方で、それ以外に同事業のようなロッカーを整備してほしいという要望は一定数あったという。「都合のいいタイミングで受け取りたい」「都合のいい場所で受け取りたい」という声に加えて、「宅配便の引き取りを待たずに手間なく済ませたい」「人を介さずに受け取りたい」という声も多かったとのことだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.