くらし情報『パナソニックの頑丈スマホ「TOUGHPAD」、275gの軽量モデルが新登場』

2016年2月24日 12:57

パナソニックの頑丈スマホ「TOUGHPAD」、275gの軽量モデルが新登場

パナソニックの頑丈スマホ「TOUGHPAD」、275gの軽量モデルが新登場
パナソニックは2月23日、高耐久性能を備えたスマートデバイス「TOUGHPAD(タフパッド)」の新型モデル「FZ-N1」を発表した。法人向けで、KDDIとNTTドコモのLTE通信網で利用できる。製品価格は、15万円(税別)で、26日より発売する。

FZ-N1は、4.7インチ液晶と、専用バーコードリーダー、1.8mの落下耐性を備えた端末として、世界最軽量となる275gの重量を実現(同社調べ)。頑丈性能や専用バーコードリーダーの搭載以外にも、VoLTE対応や、晴天下の日差しが強い状況でも視認性の高い高輝度バックライト、3200mAhの大容量バッテリーによる長時間駆動も可能にした。

同社は、これまでもタフパッドシリーズで、タブレットやハンドヘルドを投入しており、Android OSのFZ-X1、Windows Embedded 8.1のFZ-E1の両ハンドヘルドモデルは好評だったという。今回のFZ-N1は、これら製品を求めつつも、異なるニーズのあった事業者向けに開発したもので、同製品の投入で現在25%の"頑丈モバイルデバイス"のグローバルシェアを、2018年までに30%へ引き上げるという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.