くらし情報『一般家庭向けの電力自由化まであとわずか - 第2回 電力自由化EXPOから』

2016年3月3日 16:45

一般家庭向けの電力自由化まであとわずか - 第2回 電力自由化EXPOから

一般家庭向けの電力自由化まであとわずか - 第2回 電力自由化EXPOから
3月2日~4日の期間、東京ビッグサイトで「スマートエネルギー Week 2016」と総称される展示会が開催されている。西ホール1の一角とアトリウムを使った「第2回 電力自由化EXPO」から、エンドユーザー向けの話題を集めてみよう。

○一般家庭向け自由化開始目前の展示会。新電力会社とそれを支えるサービス

一般家庭において、電気をPPS(新電力会社)から購入できるようになるのは来月(2016年4月)で、いわば最終ラウンドのゴングが鳴る直前。今回、出展者数はそれほど多くなかったが、内容は熱かった。

まず、Looopは4月から始まる「Looopでんき」のおうちプラン、ビジネスプランを中心に展示。おうちプランの場合、提供エリアとなる東京と関西、および中部電力エリアのすべてで、基本料金「0」、1kWhあたり26円(税別、燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金)というシンプルな料金体系を訴える。

基本料金「0」となるのは、2016年5月31日までに申し込んだ場合のみだが、状況に応じて申し込み期間の延長も検討するという。ブースでは、抽選で「一年間分の電気代(10万円)」のプレゼントを行っていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.