くらし情報『凸版印刷、インバウンド向けセルフカウンセリング端末 - カネボウが導入』

2016年3月31日 17:32

凸版印刷、インバウンド向けセルフカウンセリング端末 - カネボウが導入

凸版印刷、インバウンド向けセルフカウンセリング端末 - カネボウが導入
凸版印刷は3月31日、商品情報が紙出力できるタッチパネル式の多言語対応セルフカウンセリング端末を開発し、訪日外国人観光客向けの商品を展開する流通・メーカー向けに2016年6月上旬より販売を開始すると発表した。

開発した製品は、商品情報を多言語で表示するだけでなく、その情報を紙出力できるタッチパネル式の多言語対応セルフカウンセリング端末。同製品を導入することで、訪日外国人観光客へ店頭で多言語対応した商品説明が可能になるという。

特徴として、化粧品などの場合、コンテンツを診断形式にして利用者にタッチパネルで選択してもらいつつ、おすすめの商品の紹介が可能なほか、紙出力のため利用者は商品情報や使用方法の説明を保管し、いつでも内容の参照ができる。

また、読取口に商品バーコードをかざすだけで、その商品の詳細情報を表示できることに加え、利用者がいない時はCMなどの映像をループ再生することで興味喚起が図れるという。

なお、同製品の販売に先立ち、カネボウ化粧品が販売する高機能サンスクリーンブランド「ALLIE(アリィー)」のインバウンド向け店頭端末として、2016年4月1日より沖縄県内の大型量販店で実証実験を行う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.