くらし情報『前園真聖『アングリーバード』で声優初挑戦! ペットのミニブタを参考に』

2016年7月14日 11:00

前園真聖『アングリーバード』で声優初挑戦! ペットのミニブタを参考に

前園真聖『アングリーバード』で声優初挑戦! ペットのミニブタを参考に

元サッカー日本代表でタレントの前園真聖が、映画『アングリーバード』(10月1日公開)の日本語吹き替え版で声優に初挑戦することが13日、わかった。

全世界で30億ダウンロードされているゲームアプリ『アングリーバード』を3D映画化した本作の舞台は、飛べない鳥たちが暮らす島・バードアイランド。怒りんぼうのレッド、おしゃべりでお調子者のチャック、ビビりのボムの3羽が、いじわるなピッグたちに盗まれた大切な"タマゴ"を取り返すために大冒険を繰り広げる。日本語吹き替え版では、主人公レッドの声優を坂上忍が務める。

前園は、イケメンで二枚目なモテモテな鳥・ジョニーと、鳥たちに攻撃を仕掛けるピッグセブンという悪者のブタの二役を担当。「役や、自分の言葉じゃないイントネーションなどの部分で(演じる)難しさもありましたが、指導してもらいながら楽しくやらせていただきました」と語り、「ブタに関しては家にペットのセブン君(ミニブタ)がいるので、表情とか鳴き声とかを何か役作りに生かせればと思い観察していました」とペットのミニブタが役作りのヒントになっていたことを明かした。

前園の起用は、怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.