くらし情報『海老蔵、トム・ハンクスに「日本のジェームズ・ボンド」と褒められ大照れ』

2016年9月15日 19:27

海老蔵、トム・ハンクスに「日本のジェームズ・ボンド」と褒められ大照れ

海老蔵、トム・ハンクスに「日本のジェームズ・ボンド」と褒められ大照れ

歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が15日、東京・有楽町で行われた映画『ハドソン川の奇跡』(9月24日公開)のジャパンプレミア レッドカーペットイベントに登壇。来日を果たしたトム・ハンクス(60)とアーロン・エッカート(48)を出迎えた。

クリント・イーストウッド監督がメガホンをとる本作は、2009年にアメリカ・ニューヨークのハドソン川で起こり"奇跡"と称賛された航空事故の生還劇の知られざる真実に迫る映画。本作を引っさげ、主人公のサリー機長を演じたトム・ハンクス、副操縦士役のアーロン・エッカートが14日に来日を果たした。

イベントではまず、2人を迎える日本代表ゲストとして海老蔵が登場。ハリウッド映画の来日イベントに参加するのは初めてという海老蔵は「とても光栄」と語り、本作でサリー機長が"究極の決断"を迫られることにちなみ、"究極の決断"を迫られた経験を聞かれると、「"海老蔵"を襲名したときに父がすぐ病気で倒れ、そのときはいろんな選択を迫られた」と振り返った。そして、ハンクスとエッカートが姿を現し、会場がさらにヒートアップする中、海老蔵も拍手で迎え、ガッチリと2人と握手を交わした。

ハンクスは「日本には何度も来ていますが、日本に戻ってくるたびにうれしさを感じます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.