くらし情報『柴田阿弥、SKE48時代"左利き男子"に恋するも一瞬で散る「ゲイの方だった」』

2016年10月8日 19:21

柴田阿弥、SKE48時代"左利き男子"に恋するも一瞬で散る「ゲイの方だった」

柴田阿弥、SKE48時代"左利き男子"に恋するも一瞬で散る「ゲイの方だった」

元SKE48でフリーアナウンサーの柴田阿弥が7日深夜、AbemaTVのバラエティ番組『柴田阿弥の金曜The NIGHT』に生出演し、アイドル時代にメイク担当のスタッフに恋したことを明かした。

この番組は、柴田が"最強のフリーアナウンサー"を目指し、アナウンス力やタレント力を上げるために、さまざまなコーナーにチャレンジしていくというもの。同じ事務所のセント・フォースに所属するアナウンサーの先輩や同期が、週替わりでサポートする。

今回ゲストに迎えた先輩の牧野結美から「今一番やりたい仕事は?」と聞かれた柴田は「お天気って本当に全国の人が待っている情報だなっていうことを知ったので、お伝えできたらいいな」と回答。また、弟が野球をやっている影響で、キャンプレポートなどにも関心を示した。

そして、自身がハマっているものを紹介するコーナーでは、ハイテンションで「左利き男子」をプレゼン。好きな理由として「知的なイメージ」「字を書く姿がたまらん」「視界が違う気がする」「不便そうなところを私が助けたい」の4点を挙げ、SKE48時代、見事にタイプに合致したメイク担当のスタッフと出会ったという。

柴田は「好き!ってなったんですけど、本当にすごくクールで格好良くて、『僕アイドルなんて興味ないよ』って感じで、クールですてき!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.