くらし情報『市村正親、胃がん乗り越え「かなりイケてた」- 24年間の苦労振り返る』

2016年10月20日 15:13

市村正親、胃がん乗り越え「かなりイケてた」- 24年間の苦労振り返る

市村正親、胃がん乗り越え「かなりイケてた」- 24年間の苦労振り返る

俳優の市村正親が19日、ミュージカル『ミス・サイゴン』の初日特別カーテンコールに登場した。

同作は1992年に初演をむかえて以来、日本での通算上演回数は1368回を重ねる。ベトナム戦争陥落間近のサイゴンを舞台に、愛と別離の物語が繰り広げられる。市村は初演から25年間エンジニアを務め続けたが、2014年の公演では初期の胃がんが発覚し、降板が決定。2年ぶりの登場となり、同作に出るのは今回が最後となる。

市村は「2年前に胃がんで降板させていただきました。そのときに本当にたくさんの応援メッセージをいただきました」と振り返る。「そのメッセージのおかげで、再び『ミス・サイゴン』をやろうということになり、復活することができました。応援してくださった皆様に心から感謝します」と頭を下げた。そして市村は「今日やってみて、かなりイケてたんじゃないかな」とニヤリ。大きな拍手が巻き起こった。

また、サプライズで初演時のメンバーが集結。入絵加奈子岸田敏志安崎求園岡新太郎が花を渡すと、感慨深い様子で抱き合っていた。市村は「ここまで来るの、けっこう大変だったんだよ。まあ、俺にとっては大したことないんだけどね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.