くらし情報『ことぶき光、冨田勲さん追悼公演への思いと音楽体験(後編) - 歩んできた道のりで出会った物事は冨田さんとの仕事と「繋がっている」』

2016年10月26日 12:00

ことぶき光、冨田勲さん追悼公演への思いと音楽体験(後編) - 歩んできた道のりで出会った物事は冨田さんとの仕事と「繋がっている」

ことぶき光、冨田勲さん追悼公演への思いと音楽体験(後編) - 歩んできた道のりで出会った物事は冨田さんとの仕事と「繋がっている」

●冨田さんとは一歩超えたところでコミュニケーションさせてもらえた
2016年5月に亡くなった冨田勲さんの追悼公演が11月11日、12日に東京・Bunkamuiraオーチャードホールで開催される。前回、前々回に引き続き、そのオーケストラと初音ミクの音が交わるステージの裏側を支えることぶきの言葉を紹介したい。コンサートは、冨田さんが遺した音を再現することだけでなく、舞台上に投影されるミクと、実際のダンサー・風間無限の共演も見どころとなる。また、タックヘッドなどのダブアーティストを輩出してきたイギリスのレーベル・On-Uサウンドの設立者で、ナイン・インチ・ネイルズやアインシュテュルツェンデ・ノイバウテンといったインダストリアルアーティストのプロデューサーとしても知られるエイドリアン・シャーウッドが冨田さんの代表曲「惑星 The Planets」をリミックスすることも大きな注目点だ。

「イーハトーヴ交響曲」の再演、ミクたちのダンスも見られる冨田さんの遺作「ドクター・コッペリウス」の上演、エイドリアンによる「惑星」の再解釈…公演ではこの3点から、冨田さんの遺志を引き継いだ音を響かせつつ、オーディエンスに新たな未来を提示する。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.